2016年09月21日|0 コメント

【歌詞あり】社畜の悲しい人生を歌う「前前前世」の替え歌「残残残業」

ライター:
%e3%80%90%e6%9b%bf%e3%81%88%e6%ad%8c%e3%81%a3%e3%81%a6%e3%81%bf%e3%81%9f%e3%80%91%e5%90%9b%e3%81%ae%e7%a4%be%e3%81%af%e3%80%82%e4%b8%bb%e9%a1%8c%e6%ad%8c%e3%80%8c%e6%ae%8b%e6%ae%8b%e6%ae%8b%e6%a5%ad

以前、ニコニコ動画研究部でもご紹介した「ふ・れ・ん・ど・し・た・い」の替え歌「お・し・ご・と・し・た・い」(関連記事)などで有名な替え歌系歌い手、森山さんが新作動画を投稿しました。

内容は、今ニコニコ動画でも大人気の映画「君の名は。」の主題歌「前前前世」の替え歌で「残残残業」。

今回も、会社に使い捨ての駒並みに酷使されて捨てられる悲しい社畜の人生を歌った、悲壮感溢れる曲に仕上がっています。

今回もやっぱり高かった完成度

動画の注目ポイントは、「君の名は。」をもじって「君の社は。」と上手く替えてるところなど、色々あるんのですが、注目すべきはやはり歌詞の完成度が高いところではないでしょうか。

替え歌は恐らく、歌詞を作る段階で曲調に合わない文だけどぶっこみたい、という状況が生まれてくると思います。

しかし、動画投稿者の森山さんは、とにかく言い換えが上手い。「もう迷わない → 今日ハロワ無い」「そんな革命前夜の僕らを → そんな薄命戦士の僕らを」など、歌詞を見ていくだけでも十分に見応えがあります。

替え歌の完成度を高める独特の歌い方

また本作では、森山さんの歌い方にも注目してもらいたい。

今回、森山さんは何故か語尾に必ず「~ん(よ~ん、と~んなど)」を入れる歌い方をしています。理由は不明ですが、これが社畜の魂の摩耗具合を上手く表しているというか、精神の崩壊具合を上手く表している気がします。

全体を通して、今回もとても完成度の高い替え歌でした。

森山さんの私生活が垣間見えるようで、次回作が上がるのが先か、森山さんの精神が壊れるのが先か、心配なところではありますが、次回作にも期待しましょう。

ざっと目を通したかい それだけでなぜやり直せと叱るんだい?
「遅いぞ」と怒る君 これでもやれるだけこなしてきたんだよ

心と身体を酷使してきたんだよ

君の罵詈や嫌味だけで胸が痛いよ
親父臭を吸い込んで話したくないよ
バブル時代からいる その上司に
いびられ始めて 何を言えばいい?

日々の残残残業で僕は 士気が下がりはじめたよ
その不愛想なしかめっ面をめがけて 蹴ってみたいんだよ

指示が全然全部早まって ギリギリになったって
もう後はない 嫌な位置から足掻きはじめるさ
むしろデフォかな また苦行をはじめてみようか

どっから話すかな 僕が仕えている会社の不条理
何億 何秒間分の物語を愚痴りにきたんだよ けどいざこのスーツこの身に着すと

飯も食えぬ仕事漬けで 早く寝たいよ
君の果てぬ依頼まで廃してみたいよ
深夜残業後の 果てに手当ては
その手に貰えずに どう怒ったならいい?

君の連連連勤で僕は 死期を悟りはじめたよ
もう馬鹿らしいよねと涙を流し ちゃっていたんだよ

そんな薄命戦士の僕らを誰が泊めるというんだろう
もう迷わない 僕のハートに白旗を立てるよ
君は僕からやりがいとかを 奪い取ったの

前前前日に職場 辞めて求職しはじめたよ
そのぶきっちょな笑い方を引っ提げ やってきたんだよ

君が面接全部落ちちゃって ジリ貧になったって
今日ハロワ内 また1から探し始めるさ
何秒間でも この歌を口ずさみながら

「歌ってみた」カテゴリの最新記事

コメント