2016年01月21日|0 コメント

クソゲーの語源「いっき」が小説化、イケメンと美少女が主人公に。桜ノ杜ぶんこ作品が半額

ライター:

 ニコニコ静画(電子書籍)では今、桜ノ杜ぶんこ4周年を記念した「桜ノ杜ぶんこ 4周年フェア」が開催中です。

「いっき」のゲーム画面。ファミコンゲームといえど、漂うクソゲー臭が凄い。(出典:いっきとは (イッキとは) [単語記事] - ニコニコ大百科)

「いっき」のゲーム画面。ファミコンゲームといえど、漂うクソゲー臭が凄い。(出典:いっきとは (イッキとは) [単語記事] – ニコニコ大百科

 期間中は、みうらじゅんによって日本で初めてクソゲー認定を受け、クソゲーという言葉が生まれるきっかけになったと言われているゲームソフト「いっき」を、凄まじくカッコいい現代風のイラストと共に小説化した「いっき LEGEND OF TAKEYARI MASTER」など、無駄にかっこいいノベライズが半額で読めちゃいます。

 フェアの期間は1月20日(水)~2月2日(火)まで。この機会を是非お見逃しなく。

クソゲーの語源「いっき」農民はなぜ竹槍と鎌を手に立ちがったのか...?無駄にかっこいいノベライズが今だけ半額_03

【半額】いっき LEGEND OF TAKEYARI MASTER

江戸時代のとある村──決して豊かではないものの農民は幸せに暮らしていたが、新代官が村に赴任し生活は一変する。過酷な年貢の取立てや村人への乱暴など……領民の生活を無視した非道の数々。村に住む青年【権兵衛】はそんな現状に耐えかね、ふとしたきっかけで代官一味を追っ払ってしまう。一時の平和を手にした人々であったが、代官一味の逆襲に遭い、更に過酷な状況に追い込まれるのであった!権兵衛は、田吾の娘で幼馴染の【タエ】、謎の侍たちと代官一味に立ち向かうのだが?権兵衛たちの生命をかけた【いっき】は果たして成功するのか?伝説のレトロゲーム【いっき】が遂に小説に!彼らがなぜ【いっき】を起こしたのか?彼らはなぜ【竹槍】と【鎌】を手にしたのか?そして彼らの正体は一体何者なのか?


クソゲーの語源「いっき」農民はなぜ竹槍と鎌を手に立ちがったのか...?無駄にかっこいいノベライズが今だけ半額_04

【半額】 ダイナマイト刑事 BURNING 2020

2020年東京──。【とある世界的な祭典】を目前に控え、空前の好景気に湧く東京に、一人の男が向かっていた。彼の名はブルーノ・デリンジャー。かつて【Mr.ダイナマイト】と呼ばれ、数々の大事件を解決してきた伝説の刑事。だが今は退官し、観光のため東京に遊びに来ていたのだ。「スシ、テンプラ、ゲイシャも有りか?」ブルーノの思いと裏腹に、世界的なテログループ「フェンリル」が、既に東京に忍び寄っていた。ブルーノは、香港生まれの刑事・サトウ・レイジとコンビ?を組むことになるのだが……「フェンリル」の野望を挫くことはできるのか?


クソゲーの語源「いっき」農民はなぜ竹槍と鎌を手に立ちがったのか...?無駄にかっこいいノベライズが今だけ半額_05

【半額】アトランチスの謎 復活のザヴィーラ

米国の採石場で人知れず働く一人の男がいた。彼の名はウィン。かつてアトランチス島を攻略した冒険家であったが、兄弟子であるルイスの策略によって、うだつのあがらない日々を過ごしていた。そんな彼の元に、ウィンの師匠の娘・ハナが現れ、新聞の一面を突きつける。──アトランチス島復活!?一度は沈めたアトランチス島が、何故か再浮上したというのだ。師匠の無念を晴らすため、そしてアトランチスの謎を解き、再び沈めるため、ウィンは再び”ボン”を片手にアトランチスへの冒険に望むのだが……そこにはある陰謀が張り巡らされていたのだった。


キャンペーン一詳細はこちら!!
>>>【半額】桜ノ杜ぶんこ 4周年フェア

「ニュース」カテゴリの最新記事

コメント