2016年01月10日|0 コメント

アニメ「蒼穹のファフナーROL/EXODUS」がニコ生で1月20日~22日の連日20時より一挙放送!

ライター:

OVA「蒼穹のファフナー RIGHT OF LEFT」と、TVアニメシリーズ「蒼穹のファフナー EXODUS」全26話の一挙放送が決定しました。ニコニコ生放送で、1月20日(水)~22日(金)の連日20時より放送されます。

1月20日(水)20時~
「蒼穹のファフナー RIGHT OF LEFT」
「蒼穹のファフナー EXODUS」1話~6話


1月21日(水)20時~
「蒼穹のファフナー EXODUS」7話~16話


1月22日(水)20時~
「蒼穹のファフナー EXODUS」17話~26話

「蒼穹のファフナー RIGHT OF LEFT」イントロダクション

あの日、フェストゥムが竜宮島に突如飛来し、「あなたはそこにいますか…」と問いかけたあの日から、1年前。総士・一騎たちのⅠ学年上級生である、将陵僚たちが通う竜宮島中学校では、季節外れの卒業式が行われていた…。
そう、それは彼らを待ち受ける運命の序章であった…。

「蒼穹のファフナー EXODUS」イントロダクション

“あなたは そこにいますか?”

西暦2150年。遠い宇宙から来たシリコン生命体・フェストゥムとの戦いは、新たな局面を迎えていた。
第一次蒼穹作戦で砕かれた北極ミールは、その欠片を世界中にまき散らした。それらはやがて、独立したミールとして、個別の活動を始めた。大半のミールは人類への憎しみを抱き、戦いを挑んできたが、一部のフェストゥムは人類との共生を選択した。
同じ思想を持つ者は、人類のなかにも存在した。彼らは人間であり、フェストゥムでもあった。その存在が戦局を混乱させ、より多くの憎しみを生んだ。戦いはもう、人類対フェストゥムという単純な構図では語れなくなっていた。
そんななか、竜宮島だけは戦いの表舞台から姿を消し、沈黙を守っていた。2年前の来須 操との邂逅で、島はミールと対話する手段を手に入れた。それは島に、可能性をもたらした。アルヴィスの子たちは、戦いの準備を整えながら、敵を理解する術を模索していた。
そして、今また、島に更なる進化がもたらされようとしていた。
フェストゥムの言語を解する少女と、フェストゥムに守られた少女。
ふたりが出会う時、新たな世界の扉が開く…

「ニュース」カテゴリの最新記事

コメント