2015年12月11日|0 コメント

靖国事件で逮捕された韓国人の男の供述、靖国に爆発物仕掛けた→やっぱり行ってないと支離滅裂

ライター:
靖国に爆発物仕掛けた→やっぱり行ってない 韓国人の支離滅裂供述_01

 靖国神社のトイレから爆発音がした事件で逮捕された、韓国人の全昶漢容疑者(以下、容疑者)の支離滅裂すぎる供述などを紹介した動画が、YouTubeで活動するKAZUYA氏のチャンネルより公開されました。

 事件の詳細は以下のとおり。

 靖国神社のトイレで爆発音がした事件で、逮捕された韓国人の男が、9日の取り調べで、「靖国神社に爆発物を仕掛けた」と供述していたことが分かった。その後、否認に転じたという。

 逮捕された韓国人の全昶漢容疑者は、先月23日、靖国神社の境内に正当な理由なく侵入した疑いが持たれている。警視庁公安部によると、全容疑者は9日の取り調べで、「22日、23日に靖国神社に入って、23日に爆発物を仕掛けた」と供述したという。しかし、10日朝からの取り調べでは、「靖国神社に行ってない」などと供述し、一転して関与を否定しているという。

 また、トイレに落ちていたタバコの吸い殻と全容疑者が宿泊したホテルの部屋で見つかった遺留物のDNA型が一致したということで、公安部は、全容疑者が爆発物を仕掛けたとみて捜査している。

靖国神社の爆発音事件 逮捕された韓国人の男が否認に転じる – ライブドアニュース」より

 要約すると、容疑者は9日の取り調べで「靖国神社に爆発物を仕掛けた」と供述しているのに、10日朝からの取り調べでは「靖国神社に行ってない」と否定しているのです。ご丁寧に容疑者が現場に残したタバコの吸い殻からDNAも検出されているのに、それで隠し通せると思ったのでしょうか…。

 動画では、再入国した理由の予想や、容疑者の母親の様子なども語られています。

動画

「政治」カテゴリの最新記事

コメント